鼠駆除の方法・種類について

鼠は古来から世界中に存在している害獣で、人類にとって危険な病原菌を媒介する生物として知られています。
接触する頻度が多くなると、かつては不治の病と見なされていた赤痢やペストをはじめ、チフス・食中毒などの病気を発症する確率が高くなります。



鼠は人体だけでなく、住宅や農作物などの貴重な資産をも脅かす存在です。


様々なものをかじる習性があるので、家具や食料、収穫前の作物がダメになってしまいます。稀に配線をかじることがあるため、運が悪いと漏電による火災・停電が起きることがあります。
そのため、被害が深刻になる前に鼠駆除を行う必要があります。



鼠駆除の方法は様々ありますが、どの方法にもメリットとデメリットが存在します。



鼠駆除の専門業者に依頼する方法は、最もスピーディーで確実に成果が出ますが、10万円~30万円の高額な費用がかかります。自力での退治は費用を低く抑えることができますが、事前調査や検証に時間がかかるのが欠点です。


自力で鼠駆除を行うなら、最寄りのホームセンターかネットショップで撃退グッズを購入しましょう。粘着シートは最も安価で手軽に設置できるのがメリットですが、長期間放置していると粘着力が弱くなるので注意が必要です。餌で対象をおびき寄せるバネ式・カゴ式の罠は何度も使えるのがメリットですが、設置するにはある程度のスペースが必要です。
毒入りの餌も鼠退治に効果的ですが、小さい子供が誤って口に入れてしまうことがあるので、子供が小さいうちは使用を避けた方がいいでしょう。