鼠の死骸を見ずに、徹底的に駆除する方法

屋根裏や台所をうろつくようになってしまった鼠を駆除したい、でも姿を見たり、処分するときに死骸を見たくない…という方におすすめな駆除アイテムが「殺鼠剤」です。

昔は、だんごなどに混ぜ込むタイプが一般的であり、手間がかかるイメージでしたが、近年は固形のものが入っていて、そのまま設置するだけのものになり、手軽に利用できます。
主な殺鼠剤として、成分にワルファリンを使用したもの、ジフェチアロールを使用したものに分かれます。前者は一般的なハツカネズミに、そして後者はスーパーラットと呼ばれるクマネズミなど大型のものに使用します。


前者のワルファリンを使用したものに関しては、食べてから3~5日後にききめが現れます。

また、それまで最低でも3日間は連続して食べさせなければなりません。後者はより強力で、ネズミが一度食べるだけで効果を発揮するものです。



ただし、効果が現れるまで一週間ほどかかります。



ワルファリンが効かない場合に使用すると良いでしょう。

また、天井でよく物音がしている場合、天井裏は運動場となっている場合が多いため、その場所ではエサを食べません。
このケースの場合、巣に持ち帰らせるために、投げ込みタイプを導入すると良いでしょう。
駆除の効き目を高めるコツとして、殺鼠剤にコーン油やソースを振りかけたり、ネズミに食べられた形跡のある食べ物(例えばビスケットやチーズなど)を粉々にして振りかけたりすると、効果は倍増します。



また、巣に持ち帰ってエサを溜め込む習性があるため、殺鼠剤がなくなってもすぐには食べていない可能性があります。
そのため、「駆除できた!」と早々に判断して取り払うのでなく、しばらくは根気よく補充して長期的に駆除対策を行うようにしましょう。