病気の原因となるネズミ退治の必要性

14世紀のヨーロッパで人口の3分の1が死亡したと言われるペストの大流行は、ネズミが原因でもたらされました。
それ以来、黒死病とも呼ばれ非常に恐れられており、現在でも毎年海外では5000人以上の人がペストで無くなっており、1994年にもインドで大量感染が起こり大ニュースとなりました。
ネズミは治療法が確立されていないハンタウイルスや食中毒の原因となるサルモネラ菌、動物にも感染するレプトスピラ菌、ネズミの体にいるダニが原因で起こるツツガムシ病など、ペスト以外にも様々な病気の感染源になっているので要注意です。



ハムスターなどはペットとして飼われることもありますが、実際には注意して扱わないと、病気の原因となるリスクを抱えています。



さて、このような恐ろしい病院の原因となるネズミを見つけたら、すぐに退治する必要があります。



糞が転がっていた李、天井裏などを走り回る足音で気が付くことが多いですが、怪しいと思ったらまずは市販の退治グッズを購入して、家の中に仕掛けてみると良いでしょう。
市販されているネズミの退治グッズには、薬品などを使って駆除したり、家の中から遠ざけたりする方法や捕獲器や罠などを仕掛けて捕獲や駆除をする方法、侵入経路を絶ち、食べ物や巣材が落ちていないようにして、家の中を住み着きにくい環境にする方法などが考えられ、一つだけの方法ではなく、複数の方法を組み合わせるようにするとより効果的になります。