自分で出来る鼠の駆除方法

住宅などに出没するものは「家ネズミ」と呼ばれ、主にドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種です。

ドブネズミは下水や台所、ゴミ捨て場など、湿った土地を好みます。クマネズミは天井裏や高層階など乾燥した高い場所を好みます。

天井裏を騒々しく走り回っているのは、これである場合が多いです。
ハツカネズミは他の2種に比べ害は少ないですが、繁殖力が強いという特徴があります。


感染症や建物・家具・配線への被害、食品類への被害が考えられ、深刻となる場合もあるので駆除が必要です。

専門業者に駆除を依頼する他に、以下のような自分で出来る駆除法もあります。

【鼠捕り】エサでおびき寄せ挟んで捕獲するバネ式のものや、閉じ込めて捕獲するカゴ(箱)式のものがあります。

あまり効率的な方法とはいえませんが、始めのうちはわざとエサを採らせて油断させ、その後装置を作動させて捕獲するのが良いようです。【粘着シート】おびき寄せるのでなく、待ち伏せるタイプです。



通り道をしっかり把握することがポイントで、そこにできるだけたくさん設置すると良いです。



粘着面を隠した状態でしばらく置き、警戒心が解けたところで粘着面を露出させ捕獲するのが良いです。

また、鼠は学習能力が高いため、同じ粘着シートばかりでなく時々違うタイプの粘着シートも使うと良いです。


【殺鼠剤】駆除するための薬剤です。



これをエサに混ぜて毒エサにして使用します。

出没しそうな場所にエサだけをまいておき、食べた痕跡を見つけたら殺鼠剤を混ぜた毒エサをまきます。


エサが無くなったら補充しますが、全く食べなくなったら鼠が死んだ可能性が高いです。


取り扱う際はマスクや手袋などで体を保護するようにしましょう。

【忌避剤】捕獲や殺傷目的でなく、嫌がる臭いや成分で追い払うためのものです。スプレー型、設置型、くん煙型があります。

どれも効果は永続的ではないので、補助的なもの、として使用します。