スマホを使っていると色々と不具合が起きて正規店以外に、スマホ修理海老名の非正規店で修理や部品交換することも増えてます。非正規店だと修理代も安く済んで待ち時間も短いですが、修理後も電波法で規定している技術基準に適合しているかが不明なことが問題になってました。総務省は登録修理業者の精度を作って、登録基準に適合するなら総務大臣の登録を受けることが可能です。この制度はスマホ修理海老名にある業者でも申請が出来ますが、総務大臣の登録が必要で色々な書類を提出し審査に通った業者だけがなることが出来ます。

登録しなくても違法ではないですが、実際は修理を行っても技適表示を除去しなかったら罰金や懲役になる恐れがあります。登録するには厳しい審査があり、電波法や電気通信事業法に基づいた色々な必要書類以外に、部品仕入れ元や管理方法・修理を行う機種と箇所・依頼品の安全や情報管理、作業を行う施設・修理者の技術の担保方法などです。ただ、スマホ修理海老名にある店が必ずしも登録する義務はなくて、未登録でも違法業者となるわけではありません。しかし、定められた審査を受けてないので未登録業者を利用すると危険が起きるリスクが起きる可能性は高いです。

事故の発生率が高く・修理部品が低品質で端末故障の原因、スタッフの技術力が低い場合もありえます。登録制度は電波法が基準なので端末メーカーの正規店とは違い、修理したことでメーカー保証が無効になったり、新機種が発売されたら再登録が必要だったりと登録を維持するのは大変です。登録されている修理業者を利用するメリットは色々あり、まず対応が早いことです。正規店だとすぐに対応することが難しく、予約しても待たされたり一旦預かってから修理してから郵送したりします。

非正規店は営業時間も長くて対応も早く、お客が少ない時間帯で画面割れぐらいなら1時間ほどで終わることもあります。生活に欠かせないスマホだと、持ち込みで即日で直してもらうのは大変便利です。正規店は大体はデータが初期化され、先にバックアップを取って修理後に自分で復元したり移したりと面倒な作業が必要です。非正規店は、部品交換だけのことが主でデータも保持されたまま行ってくれます。

一番のメリットは修理代で、使うキャリアの保険に加入していると別ですが、画面割れの修理だと1万円以上かかることは多いです。非正規店は、料金に多少違いはありますが正規店より安い金額の店が殆どで、1万円以下で画面割れを直してくれることも多く、他店で安いならその値段にあわせる業者もみられます。